2018.10.17 05:00

DeNA戦力外の荒波、打撃練習を務めていたのは横浜高の先輩・後藤だった

DeNA戦力外の荒波、打撃練習を務めていたのは横浜高の先輩・後藤だった

打撃練習に励む荒波

打撃練習に励む荒波【拡大】

 DeNAから戦力外通告を受けたが、現役続行を希望している荒波が、連日、練習に励んでいる。

 「チャンスをもらえるところの話を待っています。いつでもいけるように準備だけはしています」

 2012、13年のゴールデングラブを受賞するなど走攻守で活躍していたが、ここ数年は1軍での出場機会が減っていた。それでも「ファームでも全力で、気持ちを切らさずにやってきた。これを継続していきたいです」と、慣れ親しんだ横須賀市のベイスターズ球場で汗を流している。

 連日の打撃練習では横浜高の先輩で、今季限りで現役を引退し、楽天の2軍打撃コーチに就任した後藤氏や、同じく現役を引退した加賀氏が投手役を務めていた。荒波は「ありがたいですね。裏方さんも手伝ってくださった。そういった方々のためにも(プレー先を)決めたいです」と感謝した。

 「(25日の)ドラフト会議が終わるまでは分からないと思うので、そこを待ってみたいです」。各球団が新戦力のバランスを加味した上での、オファーを待つ。

 18日からは同所でDeNAの秋季練習が始まるため、荒波は場所を変えて練習に臨む。後藤も楽天のコーチ就任で荒波の練習相手を務めることは困難になるが、「少しでもナミ(荒波)や(戦力外となった)網谷の役に立てたらいいですね。いい報告を待ちたいです」と後輩の明るいニュースを待ち望んでいた。

  • 荒波に投げる後藤氏
  • ファンにサインする荒波
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. DeNA戦力外の荒波、打撃練習を務めていたのは横浜高の先輩・後藤だった