2018.10.17 05:03(1/2ページ)

ソフトB、“CS男”内川合流でタカまる機運!工藤監督期待、フルイニングOK

ソフトB、“CS男”内川合流でタカまる機運!工藤監督期待、フルイニングOK

大一番に強い内川。フルイニング出られる状態でチームに戻ってきた

大一番に強い内川。フルイニング出られる状態でチームに戻ってきた【拡大】

 ソフトバンクは16日、パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第1戦の西武戦(メットライフ)に備えて、福岡空港から東京に移動。体調不良や右肩痛で戦列を離れていた内川聖一内野手(36)がチーム宿舎で合流した。昨年を含めて3度MVPに輝いた“CS男”が、日本シリーズ進出をかけた最後の舞台に間に合った。

 ファーストステージに加わることはできなかったが、CSといえば背番号「1」だ。ナインより少し遅れて羽田空港に到着した内川は表情を引き締めた。

 「出られるところで頑張ります」

 別便での移動は、出発地が宮崎だったためだ。若手に混じって「みやざきフェニックス・リーグ」で調整を積んでいた。8月16日に体調不良で離脱。右肩の痛みもあり、復帰が大幅に遅れたが、近況報告を受けた首脳陣は出場選手登録を決断した。工藤監督は「打撃、体の状態をみて。打つ方も、守りも9イニング(出られる状態に)できている」と明かし、「大きな試合で(強いし)ね」と期待した。

 内川の短期決戦での強さは折り紙付きだ。CS史上最多3度のMVP。特に昨年のファイナルステージは第1戦から4試合連続本塁打を放ち、第5戦も勝利打点を挙げた。故障も重なった今季は打率・242も、藤本打撃コーチは「短期決戦でも実績のある選手。心強い。キーマンになるだろう」と指名した。

【続きを読む】

  • ナインとは別便で羽田空港に到着した内川
  • 羽田空港に到着したソフトバンク・柳田=羽田空港(撮影・高橋朋彦)
  • 羽田空港に到着したソフトバンク・工藤監督=羽田空港(撮影・高橋朋彦)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. ソフトB、“CS男”内川合流でタカまる機運!工藤監督期待、フルイニングOK