2018.10.14 05:04(1/3ページ)

阪神・矢野2軍監督、監督交渉も熟考…揚塩社長と1時間半会談

阪神・矢野2軍監督、監督交渉も熟考…揚塩社長と1時間半会談

空路宮崎入りした揚塩球団社長。交渉会場の選手宿舎へと直行した

空路宮崎入りした揚塩球団社長。交渉会場の選手宿舎へと直行した【拡大】

 阪神・矢野燿大2軍監督(49)が来季の1軍監督就任要請を受けたことが13日、分かった。揚塩健治球団社長(57)がこの日に宮崎入りし、市内のホテルで約1時間半に渡って会談。異例の5年契約の提示を受けたが、結論は保留したもよう。“解任”に近い形で金本知憲監督(50)が辞任しただけに、受諾か否か、熟考を重ねていく。

 日が暮れ始めた午後5時頃から始まった矢野-揚塩の直接会談。3年間の金本政権が名古屋で終止符を打たれた直後、南国宮崎のホテルの一室でゴングがなった。虎の明日を占う“世紀の90分”。矢野新監督の誕生とはならなかった。

 会談後はともに取材対応はなし。球団サイドが「何もお伝えすることはありません」と説明したのみだった。監督選任権を持つ藤原次期オーナー(電鉄会長)も午後9時に兵庫県内で取材に応じ、「僕の方へはまだ何もありません。(球団社長の)揚塩君や阪神タイガースに任せると言うておりますので、きっちりした、そういう風な形ができて、言うてくると思います」と話し、新監督決定のメドについても未定を強調。ファーストアタックで、矢野2軍監督が即受諾することはなかったようだ。

【続きを読む】

  • 空路宮崎入りした揚塩球団社長。交渉会場の選手宿舎へと直行した
  • ベンチで笑顔の阪神・矢野2軍監督=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・榎本雅弘)
  • 練習を見守る阪神・矢野2軍監督(右)=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・榎本雅弘)
  • 宮崎空港に到着した阪神・揚塩健治球団社長(中央)=宮崎空港(撮影・榎本雅弘)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・矢野2軍監督、監督交渉も熟考…揚塩社長と1時間半会談