2018.10.14 05:00

ロッテがプロ野球ワースト本拠地14連敗 井口監督、来季へ打線の強化誓う

ロッテがプロ野球ワースト本拠地14連敗 井口監督、来季へ打線の強化誓う

本拠地14連敗で今季最終戦を終え、あいさつするロッテ・井口監督(中央)=ZOZOマリン

本拠地14連敗で今季最終戦を終え、あいさつするロッテ・井口監督(中央)=ZOZOマリン【拡大】

 (パ・リーグ、ロッテ1-4楽天、25回戦、楽天13勝12敗、13日、ゾゾマリン)零封負けを免れるのがやっとで、6連敗でシーズンを終えた。本拠地では14連敗となり、1970年にヤクルト(神宮)が記録したプロ野球ワーストに並んだ。パの5球団に負け越しも決定。就任1年目は借金22の5位に甘んじた井口監督は「補強も含めて、秋にしっかり若い選手を鍛えて上を目指していきたい」と12球団最少の78本塁打に終わった打線の強化を誓った。

1年目で全143試合に出場したロッテD2位・藤岡(トヨタ自動車)「課題は打撃。アマチュアとは投手の力が全然違うので、自分の技術を上げていかないと」

試合結果へ

  • 試合終了後、セレモニーで挨拶をするロッテナイン。中央は井口資仁監督=ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
  • 9回から登板のロッテ・内=ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
  • 8回から登板のロッテ・益田=ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
  • 7回から登板のロッテ・松永投手=ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
  • 3回、楽天・岡島を二ゴロに打ち取り笑顔を見せるロッテ・岩下(左)と中村(右)=ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
  • 先発のロッテ・岩下=ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. ロッテがプロ野球ワースト本拠地14連敗 井口監督、来季へ打線の強化誓う