2018.10.14 08:00

【若松勉 芯打ち登場】一回の攻防に経験の差が凝縮

【若松勉 芯打ち登場】

一回の攻防に経験の差が凝縮

 (パ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦、ソフトバンク8-3日本ハム、ソフトバンク1勝、13日、ヤフオクD)勝敗を分けたのは経験値の差だろう。一回の攻防に全てが凝縮されていたように思う。

 日本ハムは二死から近藤が本塁打を放ち、さらに中田の四球とアルシアの左前打で一、二塁。ミランダをつぶせる絶好機だった。しかし、若い渡辺は見逃しの3球三振。押せ押せのムードが一気にしぼんでしまった。

 対してソフトバンクは上林のフラフラッと上がった打球が二塁打になり、中村晃のボテボテの当たりが内野安打。ラッキーな安打が続いて得た無死満塁で、しっかり上沢をつかまえた。

 勝負どころと集中力を高めて打席に立った柳田が右前適時打を放ち、デスパイネは満塁弾。何度も修羅場をくぐってきた選手たちのすごみを感じた。一方、ポストシーズンは4年ぶりの登板の上沢は地に足がついていない感じ。いきなり不運な形でピンチを招いたとはいえ、ボールが浮き、球威もない。シーズンとは別人のようだった。

 2番手で圧巻の投球を見せたソフトバンク・武田に象徴されるように、両軍ともに救援陣は充実している。2戦目以降も先発投手の出来が鍵を握るだろう。崖っぷちの日本ハムは何とか序盤で主導権を握りたい。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へCS日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. 【若松勉 芯打ち登場】一回の攻防に経験の差が凝縮