2018.10.14 05:02(1/2ページ)

楽天・則本、“史上4人目”プロ1年目から6年連続10勝

楽天・則本、“史上4人目”プロ1年目から6年連続10勝

則本(右)が最終戦で6年連続の2桁勝利を達成。平石監督代行とハイタッチを交わした (撮影・土谷創造)

則本(右)が最終戦で6年連続の2桁勝利を達成。平石監督代行とハイタッチを交わした (撮影・土谷創造)【拡大】

 (パ・リーグ、ロッテ1-4楽天、25回戦、楽天13勝12敗、13日、ゾゾマリン)楽天は13日、ロッテ最終戦に4-1で勝利した。2番手で登板した則本昂大投手(27)が3回無安打無失点の好投で、今季10勝目(11敗)。プロ野球史上4人目となる入団1年目から6年連続の2桁勝利を達成し、5年連続で最多奪三振のタイトルも獲得した。

 意外な名前が敵地、ZOZOマリンに響いた。五回を前に「ピッチャー、則本」の場内アナウンス。いつもは先発の男が、2番手でマウンドに立った。

 「先発の古川が勝った状態でつないでくれた。頼りになる後輩だし、皆さんに感謝しています」

 レギュラーシーズンでは、2014年8月7日のロッテ戦(QVCマリン)以来、4年ぶりの中継ぎ登板。最速155キロの直球を軸にグイグイと相手打者を押し込み、3回を無安打無失点で今季10勝目を挙げた。

 当初は先発予定も体調不良のために回避した。平石監督代行は、「前回登板(6日)の前から、むせるようなせきが続いて、病院で検査を受けた」と明かした。首脳陣は、先発として勝利投手の権利を得る5回を投げ切るのは困難と判断し、中継ぎ待機を決断した。

【続きを読む】

  • 5回から登板の楽天・則本=ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
  • 5回、選手の交代を告げてベンチへ戻る楽天・平石監督代行=ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
  • 8回、適時内野安打を放つ楽天・渡辺直=ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
  • 8回から登板の楽天・青山=ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
  • 9回から登板の楽天・高梨=ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
  • 9回途中から登板の楽天・宋=ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
  • 先発の楽天・古川=ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
  • 3回、先制適時二塁打を放つ楽天・山崎=ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
  • 3回、適時内野安打を放つ楽天・今江=ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 楽天
  5. 楽天・則本、“史上4人目”プロ1年目から6年連続10勝