2018.10.14 05:04(1/3ページ)

巨人、上原でファーストS突破王手!43歳6カ月セCS最年長勝利

巨人、上原でファーストS突破王手!43歳6カ月セCS最年長勝利

特集:
上原浩治
上原が五回途中から打者4人を完璧に抑え、マウンドでほえた (撮影・加藤圭祐)

上原が五回途中から打者4人を完璧に抑え、マウンドでほえた (撮影・加藤圭祐)【拡大】

 (セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦、ヤクルト1-4巨人、巨人1勝、13日、神宮)セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)のファーストステージ(3試合制)が開幕し、レギュラーシーズン3位・巨人が同2位・ヤクルトに4-1で勝利した。五回二死から登板した上原浩治投手(43)が六回も含めて打者4人から3三振を奪うなど完璧に抑え、日本では10年ぶりの白星を飾った。43歳6カ月のCS白星でリーグ最年長記録を達成。14日の第2戦で勝てば、3年ぶりのファイナルステージ進出が決まる。

 右翼席から聞こえる燕党の大歓声も、相手に渡りかけた流れも完全に封じ込めた。1点リードの五回二死二塁。先発の今村からバトンタッチを受けた上原が山田哲を伝家の宝刀、フォークボールで空振り三振に斬った。

 「(山田哲に)今シーズン打たれているので、嫌な感じはしましたけど、その中で抑えることができたのでよかった」

 ベテランらしい熟練の技が光った。フォークと直球を交互に使って追い込むと、カウント1-2から真ん中低めに落ちる決め球で三振を奪った。

 そして、日本球界復帰後は初めての回またぎとなった六回はバレンティンを捕邪飛、雄平と大引は連続で空振り三振を奪い、打者4人から3K。魂を込めた17球で無安打無失点に抑えた。

【続きを読む】

  • 米大リーグ13年のア・リーグ優勝決定シリーズでタイガース相手に1勝3セーブ。日本選手初のMVPを受賞した
  • WBCでは侍ジャパンを初優勝に導いた
  • 5回、ヤクルト・山田哲を三振にとった巨人・上原=神宮球場(撮影・今野顕)
  • 6回を終え、ガッツポーズの巨人・上原=神宮球場(撮影・荒木孝雄)
  • 投球する巨人・上原=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 5回、山田哲を空振り三振に仕留め、雄たけびをあげる巨人・上原=神宮球場(撮影・荒木孝雄)
  • 1回、岡本の犠飛で先制し、拍手を送る巨人・高橋監督=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 一回、犠飛を放つ巨人・岡本(撮影・長尾みなみ)
  • 先発の巨人・今村=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 巨人・上原浩治の日本でのポストシーズン登板成績
  • セ・CSファーストステージ第1戦の勝利チーム
  • 巨人・上原浩治の日本でのポストシーズン登板成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人、上原でファーストS突破王手!43歳6カ月セCS最年長勝利