2018.10.13 16:57

明大、早大とプロ併用日の規定で引き分け/東京六大学

明大、早大とプロ併用日の規定で引き分け/東京六大学

 東京六大学野球秋季リーグ戦第6週第1日は13日、東京・神宮球場で行われ、第2試合は、明大と早大は1-1でプロ併用日の規定で引き分けた。

 早大は、六回一死三塁で4番・加藤雅樹外野手(3年)が左前に落として先制し、ドラフト候補の早大の左腕・小島(おじま)和哉投手(4年)が七回にスクイズで1失点を失ったが6安打7四死球8三振で完投した。

 明大は、八回にスクイズで1点を返し、先発右腕・森下暢仁投手(3年)が7安打3四球10三振1失点で完投した。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 明大、早大とプロ併用日の規定で引き分け/東京六大学