2018.10.13 05:04(1/2ページ)

阪神、矢野2軍監督に13日監督要請へ 異例の5年契約提示

阪神、矢野2軍監督に13日監督要請へ 異例の5年契約提示

揚塩球団社長から就任要請を受けることが明らかになった矢野2軍監督。異例の5年契約が提示される

揚塩球団社長から就任要請を受けることが明らかになった矢野2軍監督。異例の5年契約が提示される【拡大】

 世紀の電撃交渉だ! 阪神・揚塩健治球団社長(57)が13日、宮崎で矢野燿大2軍監督(49)に対し、監督就任要請を行う。12日に明らかになったもので異例の5年契約を提示する。金本知憲監督(50)が“解任”に近い形で退くなど、激震に揺れるチームが大きく、来季に向けて動き出す。また福原忍2軍投手コーチ(41)ら3コーチの1軍入閣も判明した。

 衝撃はまだ続く。球団史に残る“電撃解任”から一夜明け、早くも阪神が動く。ランデブーの場所は南国宮崎。1軍は名古屋で今季最終戦に挑み、東京、福岡ではクライマックスシリーズのファーストステージが始まる。まさに、その日にトラの明日を託す世紀の交渉が行われることが判明した。

 関係者の話を総合すると、サンケイスポーツ既報通り、次期監督の最有力候補は矢野2軍監督。金本監督には「三顧の礼」を尽くして、就任を要請した。しかし今回は「謝罪と誠意」が求められる。その中で、球団が考え出したプランが異例の5年契約の提示だ。

 結果的に5年間以上、指揮官を務めるケースは球界では多々あった。しかし、1軍監督未経験の指導者に、いきなり「5年」を約束するのは異例中の異例。巨人・長嶋監督や王監督に匹敵する長期契約だ。

 人の口に戸は立てられない-は世の常。「結果の世界ですから。成績不振です」と金本監督は言った。揚塩社長も慰留はした。しかし内実は“解任”に近い形での辞任劇。そんな話は一気に球界を駆け巡った。ほんの数時間前まで金本続投を想定して、来季の組閣作りに突き進んでいた。それが奥の院のツルの一声で、人事が大きく変わる。当然、矢野2軍監督も“被害者”。これが阪神なのか…。そんな流れを変えるための条件提示だ。

【続きを読む】

  • 阪神・来季1軍に昇格する3人のコーチを比較
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神、矢野2軍監督に13日監督要請へ 異例の5年契約提示