2018.10.13 08:00

【真中満 セCS展望】投手力の差でファーストSはヤクルトが有利

【真中満 セCS展望】

投手力の差でファーストSはヤクルトが有利

 短期決戦で最も重要なのは、投手陣のコンディション。ファーストステージは、CSに向けて調整できているヤクルトが有利だ。

 巨人はレギュラーシーズン終盤にぎりぎりの戦いを強いられて、2本柱の菅野とメルセデスをいずれも9日の最終戦(対阪神)で使った。ヤクルトは小川、原の2投手から臨むことができる。救援陣も巨人は山口俊と畠頼み。石山、近藤らが安定しているヤクルトに分がある。

 ファイナルステージはリーグ優勝した広島の有利は動かない。ウイークポイントを挙げるとすれば、第1、2戦と連敗した場合にどうなるかだ。

 先発はおそらく、大瀬良とジョンソン。第3戦からは力が落ちる。逆に相手は、ファーストステージで投げた投手が中5日で出てくる。

 広島はレギュラーシーズンでヤクルトに19勝6敗、巨人に17勝7敗1分けと、いずれも大きく勝ち越した。いきなり連敗すると、昨年のようにCSでの敗退は許されないというプレッシャーが生まれる可能性がある。

 その意味で、第1戦が大事だ。広島の救援陣は昨年よりも苦しく、打撃戦になると、巨人よりも打線のいいヤクルトが相手だと苦しくなる。(サンケイスポーツ専属評論家)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【真中満 セCS展望】投手力の差でファーストSはヤクルトが有利