2018.10.13 05:03(1/2ページ)

ロッテが丸を調査 今季FA最大の目玉…4年20億円で“勝負”

ロッテが丸を調査 今季FA最大の目玉…4年20億円で“勝負”

広島・丸佳浩外野手=9月26日、マツダスタジアム(撮影・森本幸一)

広島・丸佳浩外野手=9月26日、マツダスタジアム(撮影・森本幸一)【拡大】

 ロッテが、今季フリーエージェント(FA)権を取得した選手の中で最大の目玉となる広島・丸佳浩外野手(29)の獲得に向け調査していることが12日、分かった。

 FA宣言が前提だが、争奪戦必至の戦いに名乗りをあげる理由は、もちろん攻撃力の底上げにある。今季は前半こそAクラスを争ってきたが、夏場以降の失速は攻撃力の不足が大きな要因となった。井口資仁監督(43)は「打線は最大の補強ポイントのひとつ」としており、球団のバックアップは急務だ。

 特に1試合を残しているもののチーム本塁打数78は、最下位に沈んだ昨季の95さえ下回り、リーグ唯一の2桁にとどまる。チーム最多は井上晴哉内野手(29)の24本(12日現在)。丸は今季リーグ2位の39本を記録し、97打点と勝負強さも兼ね備える。球団関係者も「非常に魅力的な選手なのは間違いない」と明言。本拠地のZOZOマリンは両翼に「ホームランラグーン」を設置する改修工事中で、来季は本塁打の量産も期待できるだけに、丸の加入なら得点力は一気に上がる。

【続きを読む】

  • 丸佳浩の年度別打撃成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. ロッテが丸を調査 今季FA最大の目玉…4年20億円で“勝負”