2018.10.13 20:10

巨人・上原、日本で10年ぶりポストシーズン登板 山田哲を空振り三振

巨人・上原、日本で10年ぶりポストシーズン登板 山田哲を空振り三振

特集:
上原浩治
5回、山田哲を空振り三振に仕留め、雄たけびをあげる巨人・上原=神宮球場(撮影・荒木孝雄)

5回、山田哲を空振り三振に仕留め、雄たけびをあげる巨人・上原=神宮球場(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 巨人・上原浩治投手(43)が13日、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第1戦のヤクルト戦(神宮)の1点リードした五回二死二塁から2番手として登板。ヤクルト・山田哲を空振り三振に抑えた。

 「内容どうこうではない。結果がすべて。勝つことが大事」

 こう口にしていた上原が、しっかり結果で示した。1球目は低めのスプリットから入り、2球目もスプリットでストライクを取り、カウント1-1。136キロの直球でストライクを取り、4球目のスプリットで山田哲のバットの空を切った。

 今年、10年ぶりに日本球界に復帰。米大リーグ、レッドソックス時代の2013年には、ワールドシリーズで胴上げ投手にもなったが、日本でのポストシーズン登板は08年11月1日の日本シリーズ、西武戦以来、10年ぶりとなった。

 「久しぶりなので、どうなるのかわからなういけど、楽しみ。一体感を味わいたい」と口にしていた上原。回をまたぎ、六回も登板し、バレンティンを捕邪飛、雄平、大引を空振り三振に抑えた。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・上原、日本で10年ぶりポストシーズン登板 山田哲を空振り三振