2018.10.13 21:49

引退の岩瀬、阪神ファンへ「甲子園のヤジは怖かった」

引退の岩瀬、阪神ファンへ「甲子園のヤジは怖かった」

特集:
移籍・退団・引退
胴上げされる中日・岩瀬=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)

胴上げされる中日・岩瀬=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)【拡大】

 (セ・リーグ、中日2-3阪神=延長十一回、25回戦、中日15勝10敗、13日、ナゴヤD)今季限りで引退する中日・岩瀬仁紀投手(43)が、試合後のファンへのセレモニーであいさつを行った。同じ抑え投手としてしのぎを削った阪神・藤川、2007年の日本シリーズ第5戦でともに完全試合リレーを演じたチームメートの山井から花束を贈られた岩瀬は、時折声を詰まらせながら20年の現役生活を振り返った。

 以下、岩瀬のスピーチ全文。

 今日はこのようなセレモニーを開いてくれた球団関係者、並びにドームの関係者の皆さま、ありがとうございます。監督、コーチ、スタッフ、選手の皆さん。本当にありがとうございました。

 最後まで残ってくれた(阪神の福留)孝介、(藤川)球児、(高橋)聡文、本当にありがとう。

 荒木のようにうまくはしゃべれませんが、精いっぱい話そうと思います。

 1999年から入団いたしまして、ここまで20年間、苦しい時も楽しい時もありましたけど、今思えばあっという間です。プロに入って星野(仙一)さん、山田(久志)さん、プロの厳しさを教えていただきありがとうございました。そして落合(博満)監督、森(繁和)さん、僕を守護神として使っていただき本当にありがとうございました。

 精神的に強くない自分ですけど、九回というポジションを必死で守ってきました。これからは若い子たちに、安心て見ていられるようなピッチングをしていただきたいと思います。

 (同じ年に)ドラフト1位で入った孝介とは、普段から仲良くしてきたので、先に辞めるのはつらいんですけど、本当にありがとう。

 そして阪神ファンの皆さん、本当に精神的に僕はオドオドしていたんですけど、甲子園のヤジは怖かったです。

 そして何より中日ドラゴンズのファンの皆さま、弱い僕の背中を押してくれて本当にありがとうございました。

 本当にいろいろな人に支えられてここまで来たんです。自分一人では何もできない中、自分の体、精神的な面もいろいろな人に支えられてここまで来ましたので、本当に感謝しております。本当にありがとうございました。

  • 退任する中日・森監督に迎えられる引退の挨拶を終えた岩瀬=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 引退する中日・岩瀬へ花束を渡す阪神・藤川=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 引退する中日・岩瀬へ花束を渡す阪神・藤川=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 中日・岩瀬に花束を贈る柳葉敏郎(左)=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)
  • セレモニーを終えた中日・岩瀬と中日・荒木=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)
  • 投球する中日・岩瀬=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 引退の岩瀬、阪神ファンへ「甲子園のヤジは怖かった」