2018.10.13 19:31

引退の中日・岩瀬は登板数1002「最後楽しく投げようとしたら普段と同じで終わった」

引退の中日・岩瀬は登板数1002「最後楽しく投げようとしたら普段と同じで終わった」

胴上げされる中日・岩瀬=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)

胴上げされる中日・岩瀬=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)【拡大】

 (セ・リーグ、中日2-3阪神=延長十一回、25回戦、中日14勝11敗、13日、ナゴヤD)今季で引退する球界最年長の43歳、中日の岩瀬は同点に追い付かれた九回2死三塁で救援し、史上最多の登板数を1002とした。「ああいう展開になると思っていなかったので、最後楽しく投げようとしたら普段と同じで終わった」と20年間の現役生活と同じように険しい表情でマウンドに立った。

 同期入団の阪神・福留が代打で登場して直球、スライダー、最後も代名詞のスライダーとわずか3球で空振り三振に仕留めた。岩瀬は「最後の最後までアウト一つの苦しみがよく分かった。最後くらいは自分によく頑張ったと言ってあげたい」と万感の笑みを浮かべた。

柳(岩瀬、荒木の現役最終戦で6回1失点)「ゲームをつくることができて本当によかった」

石川翔(プロ初登板)「落ち着いて投げることができた。憧れの場所でまず1試合投げられてよかった」

山井(岩瀬引退に)「寂しい。笑わせてと言われて笑わそうと思ったが辞めないでくれと思ってできなかった。思い出に1番、2番もないがやっぱり(2007年の)日本シリーズになるのかな」

試合結果へ

  • 中日・岩瀬に花束を贈る柳葉敏郎(左)=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)
  • 投球する中日・岩瀬=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)
  • 引退する中日・岩瀬へ花束を渡す阪神・藤川=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  • 引退する中日・岩瀬へ花束を渡す阪神・藤川=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 引退の中日・岩瀬は登板数1002「最後楽しく投げようとしたら普段と同じで終わった」