2018.10.13 05:02

DeNA・高田GM、プロ野球“卒業”…今後は「夢だった」アマ野球の指導を希望

DeNA・高田GM、プロ野球“卒業”…今後は「夢だった」アマ野球の指導を希望

退任する高田GM(右)は花束を贈られ、南場オーナーにねぎらわれた(撮影・湯浅大)

退任する高田GM(右)は花束を贈られ、南場オーナーにねぎらわれた(撮影・湯浅大)【拡大】

 DeNAの高田繁ゼネラルマネジャー(GM、73)が12日、横浜市の球団事務所で退任会見を行った。

 「体力的、精神的にきついなと感じました。優勝して、胴上げしてもらって、ビールかけをして格好良くと思い描いていたけど」。2011年12月に就任し、Bクラスの常連だった球団を常にAクラス入りを争えるほどのチームに成長させた。25日のドラフト会議を最後に現場を退く。

 現役時代は巨人の主力としてV9に貢献し、引退後も指導者などでプロ野球界に携わってきた。今後はチームを離れ、親会社のディー・エヌ・エーの相談役に近い「フェロー」として経営などに手を貸しながら「夢だった」というアマ野球の指導資格を取得し、関わることを希望した。

 「プロの世界で50年以上やってきた。胸を張って卒業します」。晴れやかな笑顔だった。(湯浅大)

高田 繁(たかだ・しげる)

 1945(昭和20)年7月24日生まれ、73歳。大阪府出身。浪商(現大体大浪商)高から明大を経て、68年ドラフト1位で巨人入団。盗塁王1度、ベストナイン4度、ゴールデングラブ賞6度。80年に現役引退。通算成績は1512試合出場、打率・273(5064打数1384安打)、139本塁打、499打点。85年から88年まで日本ハム監督を務め、巨人2軍監督などを経て、2004年オフから07年まで日本ハムGM。08年にヤクルトの監督に就任し、10年5月に辞任。11年12月にDeNAのGMに就任。

  • 左からDeNA・岡村球団社長、南場オーナー、高田GM、三原球団代表
  • 退任会見を行うDeNA・高田GMと南場オーナー=横浜のDeNA球団事務所
  • 退任するDeNA・高田GM(右)と三原球団代表
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. DeNA・高田GM、プロ野球“卒業”…今後は「夢だった」アマ野球の指導を希望