2018.10.12 05:01

梅津→上茶谷→甲斐野!東洋大、D1候補の4年生右腕リレーで勝ち点2に/東都

梅津→上茶谷→甲斐野!東洋大、D1候補の4年生右腕リレーで勝ち点2に/東都

特集:
2018ドラフト情報

 東都大学野球秋季リーグ第6週第3日(11日、東洋大5-2駒大、神宮)3回戦1試合を行い、東洋大が駒大を5-2で下し、2勝1敗で勝ち点を2に伸ばした。東洋大は3点を先行し、梅津晃大、上茶谷大河、甲斐野央のドラフト1位候補の4年生右腕リレーで駒大を抑えた。

 東洋大は4連覇に向けて貴重な1勝だ。リーグ戦未勝利の梅津が四回途中2失点で降板すると、2番手の上茶谷が4回2/3を1安打無失点。九回は甲斐野が1安打無失点で締めた。3勝目を挙げた上茶谷は「真っすぐが低めにいって、質もよくなった。調子が上がってきているなという感じです」と納得の表情。プロ志望届の提出締め切り日に3投手のリレーで快勝。甲斐野は「打たれたときに『抑え失敗』と書かれていたので、今日は『成功』と書いてほしい」と胸を張った。

四回途中降板の東洋大・梅津「リードが4点でいける気がしたから、悔しい。でも、チームが勝ててよかった」

先発・梅津を四回途中で降板させた東洋大・杉本監督「梅津の初勝利がかかっていたが、あそこはそれどころではなかった」

東洋大に連敗した駒大・大倉監督「相手の3投手は、(ドラフト1位候補で)簡単に打てる投手ではなかった」

試合結果へ試合日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 梅津→上茶谷→甲斐野!東洋大、D1候補の4年生右腕リレーで勝ち点2に/東都