2018.10.12 05:05(1/3ページ)

「しんどかった」阪神・金本監督が辞任…球団から勧告 矢野新監督最有力候補

「しんどかった」阪神・金本監督が辞任…球団から勧告 矢野新監督最有力候補

辞任会見を終えた金本監督。球団側の意をくんでの決断だった(撮影・宮沢宗士郎)

辞任会見を終えた金本監督。球団側の意をくんでの決断だった(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 電撃辞任劇! 阪神・金本知憲監督(50)が11日、今季限りでの辞任を表明した。前日10日のDeNA戦(甲子園)の後に揚塩健治球団社長(57)と会談し、辞任勧告に近い形で身を退くことを決断した。次期監督は来季ヘッド格就任が内定していた矢野燿大2軍監督(49)が最有力。坂井信也オーナー(70)=電鉄相談役=は辞任した。

 17年ぶりの最下位となった阪神を大激震が襲った。金本監督、電撃辞任-。午後1時、西宮市内の球団事務所で会見を開いた金本監督は苦悩の3年間を振り返り、自ら身を引くに至った経緯を説明。どこか吹っ切れたような表情だった。

 「やり残したというのは多々ありますけど、結果の世界ですから。成績不振です。何より最下位というね。(揚塩球団社長から)『もう少し、頑張ってみてよ』ということは言われましたけど、僕の意思も固かった」

 “解任”の側面が色濃い退陣劇だった。複数の関係者の話を総合すると、前日10日には谷本球団副社長兼本部長らがフェニックス・リーグが行われている宮崎に飛び、金本続投を大前提に来季組閣に着手。その一方で揚塩社長は電鉄本社に呼ばれ、今後の監督人事について意見交換を重ねていた。甲子園でのDeNA戦後、揚塩社長はクラブハウス内で金本監督を呼び出した。

【続きを読む】

  • 次期監督最有力の矢野2軍監督。ヘッド昇格が内定していたが…
  • 阪神・今季コーチングスタッフ
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 「しんどかった」阪神・金本監督が辞任…球団から勧告 矢野新監督最有力候補