2018.10.12 17:43

広島、1位指名最有力候補に東洋大・甲斐野、大阪桐蔭・藤原、報徳学園・小園

広島、1位指名最有力候補に東洋大・甲斐野、大阪桐蔭・藤原、報徳学園・小園

 広島が12日、広島市内のマツダスタジアムで25日のドラフト会議(東京都内、午後5時開始)に向けてスカウト会議を行った。1位指名最有力候補には東洋大の最速159キロ右腕、甲斐野央(ひろし)、甲子園春夏連覇に導いた大阪桐蔭高の藤原恭大(きょうた)外野手、高校No.1遊撃手の呼び声高い、報徳学園高の小園海斗内野手が挙がった。

 松田元オーナー(67)、苑田聡彦スカウト統括部長(73)、各地区の担当スカウトが出席した会議では当日のシュミュレーション、約70人の指名候補のランク付け、上位候補、スカウトが推薦する選手の映像確認などを行った。

 苑田聡彦スカウト統括部長は「特長のある人が少ない。うちとしては高校生を主体にしてもらいたいですね。僕が獲るのではないですけどね。やっぱり“広島カープは育てる”というのがあります」と自身の見解を語った。

 

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島、1位指名最有力候補に東洋大・甲斐野、大阪桐蔭・藤原、報徳学園・小園