2018.10.11 05:00

プロ志望届提出の亜大・頓宮が3戦連発!/東都

プロ志望届提出の亜大・頓宮が3戦連発!/東都

特集:
2018ドラフト情報
3試合連続となる5号2ランを放った亜大・頓宮裕真捕手=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)

3試合連続となる5号2ランを放った亜大・頓宮裕真捕手=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東都大学野球秋季リーグ第6週第2日(10日、神宮)2回戦2試合が行われ、亜大は国学院大を8-1で下し、連勝で今季初の勝ち点を挙げた。東洋大は駒大に延長十一回の末に3-2でサヨナラ勝ちし、1勝1敗とした。亜大は頓宮(とんぐう)裕真捕手(4年)が3試合連続となる5号2ランを放ち、東洋大は斎藤元輝内野手(2年)の決勝打で雪辱した。

 亜大の4番・頓宮が七回に左腕・山岡の直球を左翼席に駄目押しの2ランを放った。3試合連続の今季5号にも「第1打席は三振で調子がいいわけではないけど、自分が打てて、スクイズも決まって、チームが勝てばいい」と主将は冷静。この日、プロ志望届を提出したスラッガーに対し、視察した中日・正津スカウトも「これで評価がまた上がる」と目を細めた。

試合結果へ試合日程へドラフト情報へ

  • 亜大・頓宮=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)
  • 先発の亜大・山城=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. プロ志望届提出の亜大・頓宮が3戦連発!/東都