2018.10.11 17:08

阪神・坂井オーナーが辞任、後任監督の選考は「私は決めません」

阪神・坂井オーナーが辞任、後任監督の選考は「私は決めません」

特集:
移籍・退団・引退
電鉄本社を出る阪神・坂井オーナー=大阪市(撮影・林俊志)

電鉄本社を出る阪神・坂井オーナー=大阪市(撮影・林俊志)【拡大】

 阪神の坂井信也オーナー(70)=阪神電鉄取締役相談役=が11日、大阪市内で会見し、球団オーナー職を辞任することを発表した。後任は藤原崇起(たかおき)氏(66)=阪神電鉄代表取締役会長=が務める。

 チームは2001年以来、17年ぶりの最下位が確定。成績不振を理由に金本知憲監督もこの日、辞任を表明した。坂井オーナーは「申し訳ない気持ちでいっぱい。新しいオーナーの下で新しいチームを作ってもらいたい。金本監督を支えられず申し訳ない」と話した。

 後任監督の選考については「私は決めません。新しいシーズンに入ることですから、私が決めるのはおかしいですから。次のオーナーとフロントにお任せします」と話した。25日のドラフト会議については「今シーズン、ドラフトにかかる選手はウオッチしてきましたので。ヒアリングしてきた経緯にもあるので、関わらせていただこうかと」と説明した。

 2008年にオーナーに就任し、2015年オフには和田豊監督の後任に金本監督を招へい。就任以来、一度も優勝はなかった。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・坂井オーナーが辞任、後任監督の選考は「私は決めません」