2018.10.11 14:16(1/2ページ)

【辞任一問一答】阪神・金本監督「やっぱり結果を問われるのが巨人と阪神」

【辞任一問一答】

阪神・金本監督「やっぱり結果を問われるのが巨人と阪神」

10日の試合後のセレモニーでファンに謝罪した阪神・金本監督

10日の試合後のセレモニーでファンに謝罪した阪神・金本監督【拡大】

 阪神・金本知憲監督(50)が11日、西宮市内の球団事務所で取材に応じて、今季限りで辞任することを発表した。以下一問一答

 ◇

 --球団に辞任を伝えられた

 「きのうの試合後ですね」

 --オーナーか、社長か

 「社長の方です」

 --理由は

 「成績不振です」

 --いつごろから

 「最下位が決まったくらいですかね」

 --社長はどのような反応を

 「『もう少し、頑張ってみてよ』ということは言われましたけど。僕の意志も固かったし」

 --育成というところで、なかなか結果を出せなかった

 「やり残したことというのは多々ありますけど、結果の世界ですからね」

 --志半ば

 「もちろん、それもあります」

 --星野監督は『あと2年、見守ってくれ』と言っていたが

 「何より最下位というね。そこですよね」

 --家族に相談など

 「していないですよ。していないですね、それは。全部、自分で決めるので」

 --長期的スパンで考えていた部分もあった

 「10年かかるところを5年以内でというのが僕の中でぶれない目標ではあったんですけどね。なかなか、選手もけがとか伸び悩んだりとか。それもわれわれ、現場の責任ですしね。選手たちは本当に、何とかという姿をね。『うまくなりたい』とか『レギュラーをとりたい』という気持ちを前面に出してやってくれていたんですけどね。なかなか、改めて育成というのはね。言葉が難しいですけど、出る選手は簡単にすっといくし、年数がかかる選手もいるしね」

 --最下位が確定するまでは来年のことも考えていた

 「そうですね、来年。でもそれくらいから最下位やばいなというのがありましたから」

 --前日の甲子園最終戦であいさつしたことも関係があった

 「いやいや、きのうのあれとは全く。やめるやめないという深い意味ななかった。謝罪メーンのあいさつでしたけど。僕の中ではね」

 --周囲の雑音も耳に入ってきた

 「それはタイガースの監督をやっている宿命ですから。それは受ける前から覚悟の上でね。いろんな雑音の中でやっていくのがタイガースの監督ですから。それは特には気にならなかったですね」

 --巨人・高橋監督の辞任も気になった

 「巨人は3位ですからね。元々のスタートというのが高橋監督と僕たちと違うところがありました。でもやっぱり結果を問われるのが巨人と阪神。そこは一緒だと思う。巨人は3位でもやめないといけない。僕なんて最下位ですから」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【辞任一問一答】阪神・金本監督「やっぱり結果を問われるのが巨人と阪神」