2018.10.10 05:04(1/3ページ)

聖地騒然!阪神、甲子園最弱39敗…坂井オーナーにも罵声「いつ辞めるんですか~!」

聖地騒然!阪神、甲子園最弱39敗…坂井オーナーにも罵声「いつ辞めるんですか~!」

甲子園では試合後、ファン同士が取っ組み合いを始め、警備員や球場スタッフが止めに入る一幕も(撮影・門井聡)

甲子園では試合後、ファン同士が取っ組み合いを始め、警備員や球場スタッフが止めに入る一幕も(撮影・門井聡)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神4-9巨人、25回戦、巨人16勝8敗1分、9日、甲子園)騒然! 最下位が確定して甲子園に戻ってきた阪神は、巨人に4-9で敗れて3連敗。宿敵に目の前でクライマックスシリーズ(CS)進出を決められ、甲子園で史上最多の39敗目。借金は金本政権ワーストに並ぶ「19」となり、帰途につく坂井信也オーナー(70)=阪神電鉄取締役相談役=に罵声が飛ぶなど、ファンの鬱憤が吹き出した。

 行き場を失った悔しさは、ついに総帥の背中に突き刺さった。オレンジのタオルを何度も回され、騒然としたムードで終わった今季最後の「伝統の一戦」。ただただ、ふがいない。報道陣の問いかけには無言。足早に帰りの車へと歩を進めた坂井オーナーに、男性ファンが叫んだ。

 「坂井オーナー~!! いつ辞めるんですか~!?」

 総帥は反応せず、スッと乗車した。数多の名勝負に彩られた聖地が今季の虎には厳しく立ちはだかる。「鬼門」となった地に背を向けるように、車は鋭く発進した。シーズンの甲子園最多敗を更新する39敗目(20勝2分け)を喫した夜に、最も喜ばせたかったはずのファンから、キツい鬱憤をぶつけられた。

【続きを読む】

  • やってられるか!という意思表示なのか。グラウンドにはユニホームまで投げ込まれた
  • 金本監督はきょうの本拠地最終戦での必勝を誓うしかなかった
  • 八回一死二塁、巨人・岡本(左)に2打席連続本塁打となる2ランを浴びた阪神・望月=甲子園
  • 7回巨人・岡本(左)に本塁打を浴びた阪神・桑原=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 投球する阪神・岡本=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 6回、適時二塁打を放つ阪神・大山=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 5回、阪神・鳥谷の内野ゴロの間に得点=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 5回巨人・陽(左)に2点適時三塁打を打たれた阪神・メッセンジャー=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 3回、巨人・阿部(左)に2点適時二塁打を打たれた阪神・メッセンジャー=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 2回表終了時、ベンチの金本監督=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 阪神・1995年以降の甲子園成績
  • 阪神・1985年以降の巨人戦成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 聖地騒然!阪神、甲子園最弱39敗…坂井オーナーにも罵声「いつ辞めるんですか~!」