2018.10.9 05:04(1/2ページ)

最下位確定…金本阪神に糾弾の嵐 谷本本部長は続投明言

最下位確定…金本阪神に糾弾の嵐 谷本本部長は続投明言

最下位が決まり引き揚げる金本監督。虎党から厳しい声が飛び交った(撮影・森本幸一)

最下位が決まり引き揚げる金本監督。虎党から厳しい声が飛び交った(撮影・森本幸一)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト6-5阪神、25回戦、ヤクルト15勝10敗、8日、神宮)阪神はヤクルトとの最終戦に5-6で敗れ、3試合残して2001年以来、17年ぶりの最下位が決まった。神宮には怒号が飛び交う中、金本知憲監督(50)は「申し訳ない」と謝罪。谷本修球団本部長(54)は最下位でも続投を明言したが、ホンマに来季、大丈夫!?

 「辞めろ!」「代われ!」。怒号が一気に降りかかる。顔色を捉えようとたかれるフラッシュもかき分け、金本監督はとにかく前へ前へ、進んだ。口を真一文字に結び、屈辱も、ファンの叫びも、ただ受け止めるしかなかった。秋風が肌にしみる神宮の夜。沈み切っていた虎が、ついに17年ぶり最下位を突きつけられた。

 「それはね、やっぱりもう、現実を受け止めないと。ホントにまあ申し訳ない気持ちというかね、ファンには」

 わびるしかなかった。終盤戦こそ問われたはずの「執念」は霧散した。前日7日のリプレー映像のように、二回までに大量6失点。八回に1点差まですがったが、これも今季繰り返された追いつくには至らない反撃だった。ヤクルト戦は10連敗で屈辱を上塗り。開幕前「これまでのチームでは一番強い」と言い切っていたこの3年目に、今季ワーストを更新する借金18だ。

 残酷に幕を閉じた関東での今季最終戦に、虎党も何かを訴えかけずにはいられなかった。勝てばどの球場よりも歓声がダイレクトに届く“名物”の神宮三塁側ファウルグラウンドには、虎党の鬱憤と不安の叫びが交錯する。ツイッターなどネット上にも、厳しい書き込みが相次いだ。

【続きを読む】

  • スタンドには「金本」「辞めろ」のプラカードを持つ虎党の姿も
  • 5番手で登板した阪神・能見=神宮球場(撮影・田村亮介)
  • 8回、右適時打を放つ阪神・梅野=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 8回、2点適時二塁打を放つ阪神・陽川=神宮球場(撮影・門井聡)
  • 8回、適時打を放つ阪神・大山=神宮球場(撮影・門井聡)
  • 2番手で登板した阪神・竹安=神宮球場(撮影・田村亮介)
  • 3回、自打球を顔に当てた阪神・糸原=神宮球場(撮影・森本幸一)
  • 1回、ベンチで渋い表情を見せる阪神・金本監督=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 先発の阪神・才木=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 阪神・最下位の年度別成績と監督
  • 阪神・ヤクルト戦10連敗
  • 阪神・今季の主な故障者
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 最下位確定…金本阪神に糾弾の嵐 谷本本部長は続投明言