2018.10.9 20:50

巨人・岡本、史上初22歳シーズンでの3割&30発&100打点

巨人・岡本、史上初22歳シーズンでの3割&30発&100打点

8回、2点本塁打を放つ巨人・岡本=甲子園球場(撮影・矢島康弘)

8回、2点本塁打を放つ巨人・岡本=甲子園球場(撮影・矢島康弘)【拡大】

 巨人・岡本和真内野手(22)が9日、今季最終戦となる阪神最終戦(甲子園)に「4番・左翼」で先発出場。3点リードの八回一死二塁から、2打席連発となる左中間席への33号2ランをたたき込んだ。

 巨人の「89代4番」を襲名した若き大砲が、長いプロ野球の歴史に名を刻んだ。これで、シーズン100打点に到達。打率3割超えで、史上初となる22歳シーズンでの「打率3割、30本塁打、100打点」達成となった。

 これまでの最年少記録は、2015年のヤクルト・山田哲が記録した23歳2カ月だ。他にも王貞治の23歳4カ月(1963年)、掛布雅之の23歳4カ月(1978年)、門田博光の23歳7カ月(1971年)の記録があるが、岡本は今年6月30日に22歳の誕生日を迎えたばかり。22歳3カ月での偉業達成となる。

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・岡本、史上初22歳シーズンでの3割&30発&100打点