2018.10.8 05:01

オリックス・ディクソンとマレーロが帰国

オリックス・ディクソンとマレーロが帰国

 オリックスのブランドン・ディクソン投手(33)、クリス・マレーロ内野手(30)が7日、関西国際空港から米国へ帰国した。

 ディクソンは今季18試合で4勝6敗、防御率3・55。シーズン序盤は勝ち星に恵まれず、終盤には腰痛で離脱。そのまま1軍に復帰できなかった。ただ、昨オフに今季からの2年契約を結んでおり、来季もチームの一員として戦う。

 来日2年目のマレーロは故障はなかったが、シーズン通して不振。今季68試合で打率・201、11本塁打、26打点。1年契約で長村球団本部長は「今後、検討して本人に伝える」と説明しているが、今季限りで退団する可能性が高い。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリックス・ディクソンとマレーロが帰国