2018.10.7 05:03(1/2ページ)

中日・森監督退任 後任に前ロッテ監督・伊東氏、今季楽天C・与田氏ら浮上

中日・森監督退任 後任に前ロッテ監督・伊東氏、今季楽天C・与田氏ら浮上

今季限りで退任することが分かった森監督。来季からは編成部門で手腕をふるう

今季限りで退任することが分かった森監督。来季からは編成部門で手腕をふるう【拡大】

 中日・森繁和監督(63)が今季限りで退任することが6日、分かった。今季はここまで63勝77敗2分けの5位で6年連続Bクラスが確定。来季は編成トップとして新体制をサポートしていく方向だ。後任の監督候補には西武、ロッテで監督を歴任した伊東勤氏(56)やOBの与田剛氏(52)らが浮上していることも分かった。

 続投か、新監督を迎えてのチーム再建か-。白紙の状況が続いていた中日だが、まずはひとつの答えが出た。森監督が、退任する。新生ドラゴンズで2019年を戦うことが、分かった。

 この日、球団首脳は「(来季)どういう体制になるか、まだ決まっていない。もう少し待ってください」と話すにとどめたが、森監督は今後、新外国人発掘の手腕などを生かすため、編成部門のトップに配置転換となる見込みだ。

 就任1年目の昨季は借金20の5位。今季も借金14を抱え、1試合を残して6年連続のBクラスが確定している。白井文吾オーナー(90)=中日新聞会長=はこれまで「星雲状態」と表現。いろいろな意見が多く、来季方針を明確にできない苦悩を明かしてきた。ただ「状況をちょっと変えなくてはいけない」とも話し、低迷するチームに“新しい風”が必要なこともにおわせていた。

 注目の新監督には、伊東氏、与田氏らの名前が挙がっている。伊東氏は西武での現役生活22年、リーグ優勝14度、日本一8度に輝いた名捕手で、2004年に西武の監督に就任。1年目でリーグ優勝を果たし、日本シリーズでは落合博満監督率いる中日を破って、日本一に導いた。

【続きを読む】

  • 中日・最近10年の年度別成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 中日・森監督退任 後任に前ロッテ監督・伊東氏、今季楽天C・与田氏ら浮上