2018.10.5 05:02

巨人・山口鉄、引退…近日中に会見 9年連続60登板の鉄腕

巨人・山口鉄、引退…近日中に会見 9年連続60登板の鉄腕

特集:
移籍・退団・引退
2012年4月1日のヤクルト戦でお立ち台に上がった山口鉄(右)。杉内(中央)、西村(左)も今季限りで現役を引退する 

2012年4月1日のヤクルト戦でお立ち台に上がった山口鉄(右)。杉内(中央)、西村(左)も今季限りで現役を引退する 【拡大】

 巨人・山口鉄也投手(34)が今季限りで現役を引退する意思を固めたことが4日、分かった。近日中に記者会見を開く。

 通算642試合登板を誇るセットアッパーが、ユニホームを脱ぐ。米マイナーから2006年育成ドラフト1巡目でプロ入りし、07年に支配下登録。原前監督に見いだされ、6度のリーグ優勝、2度の日本一を達成した黄金期を支え“育成の星”として名をとどろかせた。

 鉄腕左腕も、最後はけがに泣いた。昨季は上半身のコンディション不良の影響で18試合登板に終わった。自身が持つプロ野球記録の連続60試合登板は9年でストップ。今年は2軍で過ごした春季キャンプ終盤に故障。シーズン開幕後も回復は思うように進まず「投げては痛めて、(要因には)気持ち的にも、年齢もあるのかなと感じた」と漏らすこともあった。

 一進一退のリハビリを経てイースタン・リーグでは18試合に登板。シーズン終盤に「最近は痛みもなく投げられている」と復活へ歩みを進めていた。だが、世代交代が進むチームで出番は訪れず、決意を固めたようだ。杉内、西村に続き、また一人G投を支えたベテランが現役に別れを告げる。

山口 鉄也(やまぐち・てつや)

 1983(昭和58)年11月11日生まれ、34歳。神奈川県出身。横浜商高から米マイナーリーグを経て、2006年育成ドラフト1巡目で巨人入団。07年に支配下登録。08年からセットアッパーに定着し、同年に新人王獲得。14年には6月6日の西武戦でプロ野球史上初となる通算200ホールドを達成。同年のリーグ優勝に貢献した。09年WBC日本代表。1メートル84、88キロ。左投げ左打ち。既婚。背番号47。

移籍・退団リストへ

  • 山口鉄也の年度別登板成績
  • 巨人・山口鉄也投手=8月30日、東京ドーム(撮影・中鉢久美子)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・山口鉄、引退…近日中に会見 9年連続60登板の鉄腕