2018.10.4 14:28

ソフトバンク・吉村が来季構想外、若手3選手には戦力外通告

ソフトバンク・吉村が来季構想外、若手3選手には戦力外通告

特集:
移籍・退団・引退
ソフトバンク・吉村

ソフトバンク・吉村【拡大】

 ソフトバンクは4日、吉村裕基外野手(34)に来季の戦力構想から外れていることを通達した。今季の1軍出場はなく、2軍戦でも打率・204、4本塁打。吉村は現役続行を希望しているようで「(今後)どうするのか、上の人(フロント)と話をさせてもらいました」と話した。三笠球団統括本部長も「話し合いをした。彼はFA権も持っていますし」と説明。権利行使や自由契約など、今後も話し合いを重ねる方向だ。

 吉村は東福岡高から2003年に横浜に入団した。06年から4年連続2桁本塁打を記録し、08年には34発。12年オフにトレードでソフトバンクに移籍後も外野の一角や代打で活躍したが、17年から出番が減った。

 また、球団は古沢勝吾内野手(22)、小沢怜史投手(20)、黒瀬健太内野手(21)に来季の契約を結ばないことを通告。3選手とも育成選手として再契約することを検討している。

移籍・退団リストへ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. ソフトバンク・吉村が来季構想外、若手3選手には戦力外通告