2018.10.3 18:38

慶大・大久保監督、サヨナラ勝ちに「久しぶりに感動した」/東京六大学

慶大・大久保監督、サヨナラ勝ちに「久しぶりに感動した」/東京六大学

 東京六大学野球秋季リーグ第4週第3日(3日、法大8-9x慶大=延長十二回、神宮)優勝の行方を占う大一番で慶大が4時間45分の激闘を制した。リードしても法大に食い下がられ、延長十一回には2点を奪われた。だが直後の攻撃で大平の2点打で追い付き、十二回は長谷川晴の内野安打で終止符を打つと、優勝を決めたかのような盛り上がりを見せた。

 長谷川晴は「感無量。大平が打って涙が出て、自分も打って涙が出た」と興奮気味だった。普段は声をからしてチームの盛り上げ役を務める控えの4年生2人が活躍し、大久保監督も「だからこそうれしい。久しぶりに感動した」と声を弾ませた。

試合結果へ試合日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 慶大・大久保監督、サヨナラ勝ちに「久しぶりに感動した」/東京六大学