2018.10.3 10:00(1/2ページ)

富士大強すぎ!リーグ新10連覇、楠は史上2人目通算100安打達成/東北スポーツ

富士大強すぎ!リーグ新10連覇、楠は史上2人目通算100安打達成/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
リーグ2人目の100安打を達成した富士大・楠。“研次郎メーター”を102まで伸ばした(撮影・井上幸治)

リーグ2人目の100安打を達成した富士大・楠。“研次郎メーター”を102まで伸ばした(撮影・井上幸治)【拡大】

 北東北大学野球最終週最終日(2日、花巻)富士大が青森大を7-0(七回コールド)で破り、10季連続33度目の優勝を果たした。10連覇はリーグ新記録。「3番・中堅」の楠研次郎外野手(4年)が、三回の第2打席でリーグ史上2人目の通算100安打を達成した。富士大は、2位の八戸学院大と明治神宮大会東北地区代表決定戦(10月27日開幕、ヨーク開成山)に出場する。

 七回、コールド勝ちを決める本塁打を放ち、楠は悠然とダイヤモンドを一周した。前人未到の10連覇に「先輩方が積み重ねてきたもの。主将で重圧はあったが、みんながついてきてくれた。ムチャクチャうれしい」と胸を張った。

 自身も打率・462で2度目の首位打者を獲得。ベストナイン、初の最優秀選手賞も受賞し、最高の形で最後のリーグ戦を締めくくった。

 元DeNAの内藤雄太(八戸大、118安打)以来となる、リーグ2人目の通算100安打へ残り10本で迎えた今季。厳しい攻めや、勝負を避けられる状況に安打数が伸びず苦しんだが「四死球はヒットと同じくらいの気持ちでいけるようになり、結果につながった」と、シーズン途中から安打を量産した。

 そしてこの日、三回一死三塁の第2打席で左中間適時二塁打。「先輩、後輩、相手に感謝したい」。本塁打を含む3安打で102安打まで積み重ねた。

【続きを読む】

  • 富士大がリーグ新の10連覇!主将の楠は三回一死三塁から左中間へ適時打を放ち、リーグ通算2人目の100安打を達成。10連覇に華を添えた(撮影・井上幸治)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 富士大強すぎ!リーグ新10連覇、楠は史上2人目通算100安打達成/東北スポーツ