2018.10.3 05:03(1/2ページ)

金足農・吉田、プロ入りにグラリ 高校ラス投は自己最速152キロ“有終V”/国体

金足農・吉田、プロ入りにグラリ 高校ラス投は自己最速152キロ“有終V”/国体

吉田は一回、甲子園でおなじみとなった“シャキーン”ポーズを披露した(撮影・水島啓輔)

吉田は一回、甲子園でおなじみとなった“シャキーン”ポーズを披露した(撮影・水島啓輔)【拡大】

 福井国体高校硬式野球(2日、福井県営)第4試合で今夏の甲子園準優勝の金足農(秋田)が、7-0で常葉大菊川(静岡)を下した。エースの吉田輝星投手(3年)が5回4安打無失点、11奪三振で自己最速となる152キロを記録するなど快投をみせた。台風の影響で準々決勝から登場する高校は1勝すれば1位扱いとなるため、これが高校最後の試合となった。試合後には進路について当初の大学進学一本からプロ入りにグラリ。揺れる胸の内を明かした。

 吉田は甲子園とは異なる静かな球場で「パン、パン!」と小気味いいミットの音を響かせた。

 「今日はしっかり腕も振れて、リリースの時の手応えがすごくあった。これは出たなと思いました」

 二回に自己最速を2キロ更新する152キロをマーク。奪った三振は11個。高校最後の試合を無失点投球で締め、チームの勝利に貢献した。

 進路については、当初は青森・八戸学院大への進学が有力視されていたが、甲子園で横浜(南神奈川)や日大三(西東京)など強豪相手に好投し、評価が急上昇。プロを志望すれば1位指名が確実視される存在となった。

【続きを読む】

  • 吉田が攻守でハッスル!一回に適時二塁打を放てば
  • 七回の右翼の守備では後ろに下がりながら打球を好捕した
  • 6回、ライトの守備で打球を処理する金足農(秋田)・吉田輝星=福井県営球場(撮影・水島啓輔)
  • 1回、常葉菊川・根来に安打を浴びた金足農・吉田=福井県営球場(撮影・水島啓輔)
  • 一回裏一死二塁、先制打を放つ金足農・吉田=福井県営球場
  • 試合に勝利し校歌を歌う吉田輝星(左から二人目)らナイン=福井県営球場(撮影・水島啓輔)
  • 金足農・吉田輝星の今夏の甲子園登板成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 金足農・吉田、プロ入りにグラリ 高校ラス投は自己最速152キロ“有終V”/国体