2018.10.2 14:41

ヤクルト戦力外通告の大松、現役続行を希望「気持ちが続く限り挑戦」

ヤクルト戦力外通告の大松、現役続行を希望「気持ちが続く限り挑戦」

特集:
移籍・退団・引退
現役続行を希望した大松

現役続行を希望した大松【拡大】

 ヤクルトは2日、東京・北青山の球団事務所で大松尚逸内野手(36)ら8選手と来季の契約を結ばないことを通告した。

 大松は東海大から2005年ドラフト5位でロッテ入団。16年5月には右アキレス腱(けん)を断裂しロッテから戦力外通告を受け、17年に入団テストを経てヤクルトに入団。最大10点差をはね返した同年7月26日の中日戦(神宮)で代打サヨナラ本塁打を放ったが、今季は1軍出場なしに終わっていた。

 「ヤクルトには感謝しかないです。まだ頑張りたいという気持ちがある。気持ちが続く限り挑戦していきたい」と現役続行を希望した。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト戦力外通告の大松、現役続行を希望「気持ちが続く限り挑戦」