2018.9.30 22:02

ロッテ、3本塁打で快勝 中村は盗塁王へ2盗塁に成功

ロッテ、3本塁打で快勝 中村は盗塁王へ2盗塁に成功

4回、本塁打を放つロッテ・中村=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)

4回、本塁打を放つロッテ・中村=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)【拡大】

 ロッテは9月30日、敵地で3本のアーチをかけソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に9-1で快勝した。本拠地では苦闘が続くが、この日は先発の二木が立ち上がりから抜群の制球力でテンポよく快投。リズムに乗った打線の口火を切ったのは中村だ。

 「感触はよかった。最近はいいスイングができている」

 四回、先頭でバックスクリーン横に7号ソロ。そこから井上の安打、連続四球と鈴木の適時打で3点を奪い主導権を握った。さらに一挙5点を奪いビッグイニングとなった八回は、先頭で中前打。すかさず二盗を決め、さらに三盗にも成功した。この時点で単独トップとなる38個目の盗塁を決め「走れるときに走って、それがチームの勝ちにつながれば」と勝利を呼び込んだ。井口監督も「1試合に2つですから、大したもの」と高く評価した。

 日本ハム・西川、西武の源田と激しく盗塁王のタイトルを争う。30日現在、ロッテは残り11試合あり状況は有利。それでも「西川は走り出したら止まらない。僕も警戒されるだろうがチャンスがあれば走って、取れるならタイトルは取りたい」と強く意識する。

 チームは苦しい状況にあるが、初のタイトルに向けラストスパートをかける。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. ロッテ、3本塁打で快勝 中村は盗塁王へ2盗塁に成功