2018.9.29 05:03(1/2ページ)

松岡、今季限りで現役引退 ヤクルト一筋14年…球団最多150ホールドポイント

松岡、今季限りで現役引退 ヤクルト一筋14年…球団最多150ホールドポイント

ヤクルトのブルペンを支え続けた松岡

ヤクルトのブルペンを支え続けた松岡【拡大】

 ヤクルト・松岡健一投手(36)が今季限りでの現役引退を決断したことが28日、分かった。入団14年目の今季は5月12日のDeNA戦(横浜)で勝利し、球団史上初の通算150ホールドポイント(救援勝利+ホールド)を達成。球団歴代5位の通算490試合に登板した右腕が、惜しまれながらユニホームを脱ぐ。

 救援陣の屋台骨を支えた。この日、イースタン・リーグ、DeNA戦(横須賀)の八回途中に登板した松岡が、引退を決断した。

 「悔いはないです。最近3年間は、いつやめても良いという覚悟を持ってやってきた。若手が出てきて、素直にうれしく思える自分がいた。潮時だなと感じました」

 失敗から始まった14年間だった。入団1年目の2005年。春季キャンプのブルペンで捕手・古田に習得中のフォークを投げず「一生投げへんの? ええわ」と途中で立ち去られた。この叱咤(しった)が転機となった。

 懸命な努力で落差の大きいフォークを身につけ、08年からセットアッパーに定着。10年には当時の球団最多記録となる73試合に登板。ブルペンに欠かせない存在に成長した。後に古田氏が関係者に「ここまでの投手になるとは思わなかった」と目を細めたのを伝え聞き、「本当にうれしかった」と涙を浮かべた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 松岡、今季限りで現役引退 ヤクルト一筋14年…球団最多150ホールドポイント