2018.9.28 12:00

【ダッグアウトの裏側】先制、逃げ切りのインディアンス 70年ぶり世界一で「ワフーしゅう長」に別れ告げたい

【ダッグアウトの裏側】

先制、逃げ切りのインディアンス 70年ぶり世界一で「ワフーしゅう長」に別れ告げたい

特集:
ダッグアウトの裏側
強打の1番打者としてインディアンスを引っ張るリンドア(右)(USA TODAY)

強打の1番打者としてインディアンスを引っ張るリンドア(右)(USA TODAY)【拡大】

 先週の当欄で米大リーグ、ア・リーグ中地区の優勝がツインズになっていましたが、正しくはインディアンス。4月21日から首位を守り、独走での3連覇だったので完全なケアレスミスです。おわびして訂正します。

 そのイ軍3連覇の要因で真っ先に挙げたいのが、リンドアの1番打者定着だ。24歳のスイッチ打者は春季キャンプ中、フランコナ監督に直訴。地区優勝を決めた15日のタイガース戦で今季8本目の初回先頭アーチを放ち、2008年にサイズモアがマークした球団記録を塗り替えた。

 「これが1番打者を務めたい理由のひとつ。本塁打でも、出塁しての得点でもチームに勢いをつけることができる」

 リンドアの本塁打数は16年に15本だったが、昨季は33本と倍増。今季はすでに36本と自己最多を更新した。5月には自身初の月間MVPに輝き、首位固めに貢献。得点ではベッツ(レッドソックス)とリーグ1位を争っている。

 「1番打者にとって重要なのは得点。シーズンを通して先制点が多いのは大きい」とフランコナ監督。今季のイ軍は2番のブラントリー、3番のラミレスが好調なこともあり、ここまで155試合中54試合で得点(計111)を挙げている。

 投手陣では史上初のシーズン200奪三振カルテットが誕生。クルバー、カラスコ、バウアー、クレビンジャーが球史にその名を刻んだ。

 救援陣では、8月下旬から今季3度目の故障者リスト入りしていたミラーが復帰。18日のホワイトソックス戦で4月9日以来の2セーブ目をマークした。2年前のア・リーグ優勝決定シリーズでMVPを受賞した長身左腕が完全復活すれば、ポストシーズンでも勝ちパターンの先制、逃げ切りが容易になる。

 映画『メジャーリーグ』で有名になったネーティブアメリカンをモチーフにしたロゴマークの使用は今季限り。1948年以来70年ぶりの世界一で「ワフーしゅう長」に別れを告げたい。

田代学(たしろ・まなぶ)

サンケイスポーツ編集局次長。1991年入社。プロ野球や五輪担当などを経て、2001年から13年11月まで米国駐在の大リーグ担当キャップ。全米野球記者協会の理事や、13年ワールドシリーズの公式記録員を日本人記者で初めて務めた。米国での愛称は「ガク」。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 【ダッグアウトの裏側】先制、逃げ切りのインディアンス 70年ぶり世界一で「ワフーしゅう長」に別れ告げたい