2018.9.28 16:59

オリックス・山本由伸、グレード1の左内腹斜筋損傷

オリックス・山本由伸、グレード1の左内腹斜筋損傷

オリックス・山本

オリックス・山本【拡大】

 オリックス・山本由伸投手(20)が28日、「左内腹斜筋損傷」のグレード1と診断されたと球団が発表した。

 前日27日の試合前練習のキャッチボール中に左脇腹付近を痛め、大阪市内の病院でエコー、MRI検査の結果、患部の損傷が判明。28日、出場選手登録を抹消された。

 高卒2年目の山本は今季、セットアッパーに定着し、54試合に登板して4勝2敗32ホールド1セーブ、防御率2・89と活躍。27日終了時点で36ホールドポイント(HP)はリーグトップの宮西(日本ハム、40HP)に次ぐ2位の数字で、自身初タイトルとなる最優秀中継ぎ投手賞を狙える位置に付けていたが、同タイトル獲得は絶望的となった。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリックス・山本由伸、グレード1の左内腹斜筋損傷