2018.9.27 22:48

負傷交代のソフトB・牧原は「右前距腓靱帯損傷」と診断

負傷交代のソフトB・牧原は「右前距腓靱帯損傷」と診断

 (パ・リーグ、西武7-5ソフトバンク、22回戦、西武12勝10敗、27日、メットライフ)ソフトバンクの牧原が一回の走塁で右足首を負傷し、その裏の守りから交代した。球団によると、埼玉県所沢市内の病院で「右前距腓靱帯損傷」と診断され、骨に異常はなかった。

 一死一、三塁から三塁走者として柳田の投ゴロで三本間に挟まれ、タッチアウトになった際に捕手の森と激突した。7月8日に今季初めて1軍に昇格してから二塁のレギュラーに定着し、打率3割1分7厘をマークしている。

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. 負傷交代のソフトB・牧原は「右前距腓靱帯損傷」と診断