2018.9.27 05:01

中日・浅尾が引退、12年間プレー「悔いなし」

中日・浅尾が引退、12年間プレー「悔いなし」

特集:
移籍・退団・引退
引退表明の記者会見で笑顔を見せる浅尾

引退表明の記者会見で笑顔を見せる浅尾【拡大】

 中日・浅尾拓也投手(33)が26日、ナゴヤドームで引退会見を行った。黄金時代をセットアッパーとして支えた浅尾は引退会見で「悔いは本当にない」と12年間の現役生活を振り返った。2007年に入団し、150キロ台後半の速球と落差のあるフォークで11年には79試合に登板して中継ぎ投手として史上初のMVPに。「(10、11年と)2年連続ビールかけをしたときは本当に楽しかった」。引退試合は29日の阪神戦(ナゴヤドーム)に決定。西山球団代表は「力を貸してほしい」とコーチ就任要請を検討していることを明かした。

浅尾 拓也(あさお・たくや)

 1984(昭和59)年10月22日生まれ、33歳。愛知県出身。常滑北高から日本福祉大を経て2007年大学生・社会人ドラフト3巡目で中日入団。08年から主にセットアッパーを務め、10年には47ホールド、59ホールドポイントのプロ野球記録を樹立。11年は52ホールドポイントを挙げ、2年連続で最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。1メートル82、78キロ。右投げ右打ち。既婚。年俸5600万円。背番号41。

  • 中日・浅尾
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 中日・浅尾が引退、12年間プレー「悔いなし」