2018.9.26 05:01

ソフトバンク・森がプロ野球新7試合7連続S!チームも7連勝

ソフトバンク・森がプロ野球新7試合7連続S!チームも7連勝

9回途中から登板し最後を締めたソフトバンク・森=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)

9回途中から登板し最後を締めたソフトバンク・森=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス5-8ソフトバンク、23回戦、ソフトバンク15勝8敗、25日、京セラ)ソフトバンクは25日、オリックス23回戦(京セラ)に8-5で勝って7連勝。森唯斗投手(26)がチーム7試合で7連続セーブのプロ野球新記録を樹立した。18日のロッテ戦で28セーブ目を挙げてから全試合で接戦の最終回を締め続け、24日の日本ハム戦で小林雅英(ロッテ)ら過去6人がマークしたチーム6試合で6連続セーブのプロ野球記録に並んでいた。

 「素直にうれしいが、チームが勝ったことが(もっと)うれしい」と森。この日は8-4から1点を返されてなお二死三塁で登板し、小田を11球目で一飛に仕留めた。

 27日から西武との3連戦。森は「まだまだ優勝を諦めていない。残り試合、全部いくつもり」と強い口調で言った。

試合結果へ

  • 1回、先頭打者本塁打を放つソフトバンク・上林=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 6回、2点本塁打を放つソフトバンク・デスパイネ=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 5回、適時打を放つソフトバンク・デスパイネ=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 5回、適時三塁打を放つソフトバンク・柳田=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 1回、適時打を放つソフトバンク・柳田=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 1回、適時打を放つソフトバンク・柳田=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 先発のソフトバンク・東浜=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. ソフトバンク・森がプロ野球新7試合7連続S!チームも7連勝