2018.9.26 18:37

【一問一答】中日・浅尾、引退決断は「巨人戦で3点とられた時」

【一問一答】

中日・浅尾、引退決断は「巨人戦で3点とられた時」

特集:
移籍・退団・引退
中日・浅尾

中日・浅尾【拡大】

 中日でセットアッパーとして活躍し、2011年にセ・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いた浅尾拓也投手(33)が26日、今季限りでの現役引退を表明した。ナゴヤドームで行われた記者会見にユニホーム姿で臨み「悔いは本当にない。幸せな野球人生を過ごせた」と笑顔で語った。29日にナゴヤドームで行われる阪神戦で最終登板する。

 記者会見した中日の浅尾はすがすがしい表情で笑みを交えて引退について語った。

 --引退決断は。

 「(16日の)巨人戦で3点とられた時に、あ、もうこれくらいなのかなって正直思った」

 --森監督には。

 「(19日の)登録抹消の時に来季に向けて頑張れと言われたが、引退させていただきたいという話をした」

 --思い出は。

 「2連覇してビールかけをできたのはうれしかった」

 --2010年、11年は70試合以上に登板した。

 「信用して使ってもらったので幸せ。けがにつながっているとは思っていない。感謝している」

 --引退を伝え、周囲の反応は。

 「自分が限界を感じていたように、周りも同じような目線で見ていたと思う。お疲れさまという声が多かった」

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 【一問一答】中日・浅尾、引退決断は「巨人戦で3点とられた時」