2018.9.26 23:16

広島・中崎、3年連続胴上げ投手 最後の三振の瞬間「頭が真っ白ですね」

広島・中崎、3年連続胴上げ投手 最後の三振の瞬間「頭が真っ白ですね」

9回、投球する広島・中崎=マツダスタジアム(撮影・松永渉平)

9回、投球する広島・中崎=マツダスタジアム(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、広島10-0ヤクルト、23回戦、広島18勝5敗、26日、マツダ)広島の中崎が3年連続の“胴上げ投手”になった。九回に大歓声を浴びながら登板し、3人で完璧に締めた。最後は3番山田哲を空振り三振に仕留め「最後は三振を狙っていた。その瞬間は(頭が)真っ白ですね」と興奮気味に話した。

 今季は一年を通して守護神として君臨。ここまで30セーブを挙げ「しっかり1年間、チームに貢献できてうれしい」と充実感をにじませた。緒方監督は「ことし後ろの投手で一番頑張ってくれていた。最後は中崎に締めてもらおうと最初から決めていた」と話した。

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島・中崎、3年連続胴上げ投手 最後の三振の瞬間「頭が真っ白ですね」