2018.9.26 05:03(1/2ページ)

オリ・福良監督、今季限りで辞任へ 後任は田口2軍監督が有力

オリ・福良監督、今季限りで辞任へ 後任は田口2軍監督が有力

特集:
移籍・退団・引退
グラウンドに入る福良監督。今季限りで辞任することを表明した(撮影・岡田茂)

グラウンドに入る福良監督。今季限りで辞任することを表明した(撮影・岡田茂)【拡大】

 オリックスの福良淳一監督(58)が25日、京セラドームでのソフトバンク戦の試合前に、今季限りで辞任することを表明した。長村裕之球団本部長(59)は後任については「まったくの白紙。これからの作業」としたが、田口壮2軍監督(49)の昇格が有力だ。福良監督にはフロント入りを要請した。

 不振の責任をとり、辞任-。福良監督の意志は固く、続投要請を含め慰留を続けてきた球団側もついに了承した。リーグ優勝の夢は、次期監督に託されることになった。

 「責任ということ。こういう結果の世界やからね。(辞任の)気持ちが変わることはない」

 球場入りの際、心境を明かした指揮官。9月上旬に辞意を伝えた。球団側は来季も続投を基本線とし、慰留してきたが、断念。長村球団本部長は「(監督は)3年間のチームの責任は私の責任です、と。一貫して決意は変わらなかった。4、5日前に了承した」と明かした。

 後任人事については「まったくの白紙。これからの作業」としたが、継続してチーム作りをしていくという球団の方針から、田口2軍監督の昇格が有力だ。個々の選手の長所を伸ばし、若手を育成してきた福良イズムを継承しつつ、新しいチームを作ることになる。

【続きを読む】

  • 福良監督の辞任表明について、経過を説明する長村球団本部長(右)
  • 福良監督の去就について話すオリックス・長村球団本部長=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • グラウンド入りするオリックス・福良監督=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 先発のオリックス・ローチ=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 2回、適時打を放つオリックス・大城=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 5回、ピンチで汗をぬぐうオリックス・ローチ=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 8回、プロ初本塁打を放ちナインに迎えられるオリックス・福田=京セラドーム
  • オリックス・福良淳一の年度別監督成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリ・福良監督、今季限りで辞任へ 後任は田口2軍監督が有力