2018.9.25 08:00(1/2ページ)

【八木裕 神眼スコープ】阪神、配球対策以外のアプローチ必要

【八木裕 神眼スコープ】

阪神、配球対策以外のアプローチ必要

特集:
八木裕 神眼スコープ
一回に空振り三振に倒れる福留。メルセデス(手前)に24イニング無得点とは…(撮影・山田喜貴)

一回に空振り三振に倒れる福留。メルセデス(手前)に24イニング無得点とは…(撮影・山田喜貴)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神0-0巨人=延長十二回規定により引き分け、24回戦、巨人15勝8敗1分、24日、甲子園)メルセデスを全く打てず、十二回まで戦っても二塁すら踏めず…。貧打ぶりがクローズアップされた試合だったが、阪神OBの八木裕氏(53)=サンケイスポーツ専属評論家=は打開策として「配球以外のアプローチ」を提唱した。打撃練習の方法を変えるなど、今までとは違う発想で運命の14連戦を戦え! とゲキを飛ばした。

 何度も同じ投手に抑えられるのは、プロ野球チームとして決していいことではない。阪神も連敗中のメルセデスを徹底研究したことは間違いないだろうし、狙い球を絞るなどの対策も相当してきたはず。それでも、結果として全く効果はなかったのは事実だ。

 メルセデスはいろいろな球種があり、それぞれに大きい変化と小さい変化がある。緩急もある。攻略するのは厄介。とはいえ、やられっ放しは許されない。

 さらに最近は本拠地・甲子園で勝てない現象も続いている。敵地での広島3連戦で活発だった打線が、甲子園に戻った途端に1点、0点。打者全体の調子も下降線だ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【八木裕 神眼スコープ】阪神、配球対策以外のアプローチ必要