2018.9.23 17:33

【試合結果】巨人が3位死守 阪神に2-1で競り勝つ 立岡が決勝打&畠が初勝利

【試合結果】

巨人が3位死守 阪神に2-1で競り勝つ 立岡が決勝打&畠が初勝利

八回、巨人・立岡が勝ち越しの中前適時打を放つ=甲子園球場(撮影・荒木孝雄)

八回、巨人・立岡が勝ち越しの中前適時打を放つ=甲子園球場(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神1-2巨人、23回戦、巨人15勝8敗、23日、甲子園)

巨人が2-1で競り勝ち、3位を死守。5位・阪神とのゲーム差を2・5に広げた。5番手で登板した畠が1回1/3を投げ3三振を奪うなど無安打無失点で今季初勝利を挙げた。

 阪神は青柳、巨人は今村が先発し、前半は投手戦に。均衡を破ったのは巨人だった。六回二死一、二塁の好機を作ると、阪神は2番手・能見を投入。ここで阿部が右前適時打を放ち、1点を先制した。阪神は七回、二死一、三塁とし、代打・鳥谷が4番手・上原から中前適時打を放ち、同点に追いついた。

 巨人は八回に二死一、二塁で、立岡が藤川から中前適時打を放ち、2-1とした。

 今村は4回2安打無失点。この後、中川、アダメス、上原、畠、山口俊とつないぎ、大事な一戦で白星をつかんだ。

試合結果へ

  • 6回、先制適時打を放つ巨人・阿部=甲子園球場(撮影・岡田亮二)
  • 先発の巨人・今村=甲子園球場(撮影・荒木孝雄)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【試合結果】巨人が3位死守 阪神に2-1で競り勝つ 立岡が決勝打&畠が初勝利