2018.9.23 05:03(1/2ページ)

逃げる巨人、3位死守!エース菅野が史上初の東京ドーム5度目完封

逃げる巨人、3位死守!エース菅野が史上初の東京ドーム5度目完封

特集:
菅野智之
完封勝利を挙げ、場内を回る菅野。ファンから大きな声援を受けた(撮影・荒木孝雄)

完封勝利を挙げ、場内を回る菅野。ファンから大きな声援を受けた(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人5-0ヤクルト、24回戦、ヤクルト12勝11敗1分、22日、東京D)巨人・菅野智之投手(28)が22日、ヤクルト24回戦(東京ドーム)に先発し、今季6度目の完封で13勝目(8敗)を挙げた。シーズン6完封は、球団では1995年の斎藤雅樹以来、23年ぶり。東京ドームでのシーズン5完封は史上初の快挙となった。9回133球で5安打に封じるエースの好投で、チームは5-0と快勝。クライマックス・シリーズ(CS)進出へ、3位を守った。

 九回二死一、二塁。西浦を中飛に打ち取ると、菅野はやっと表情を崩した。5安打で今季6度目の完封勝利。13勝目を挙げ、充実感を漂わせた。

 「最後は勘弁してほしかったです。あんな試練が待っているとは思わなかったので、疲れました。ここ(九回二死)まで来たら1点でも取られたら意味がない。完封にこだわって投げました」

 序盤は最速152キロの直球とスライダーを両サイドに制球。中盤からは要所でカーブを入れた。六回一死三塁では、山田哲を迎えたが「その前の打席で、いい感じでインサイドを攻められたので」と直球中心の第1、第2打席とは変え、スライダーを中心に組み立てて空振り三振に封じた。

 シーズン6完封は球団では1995年の斎藤雅樹以来。89年の斎藤の7完封にも迫り「尊敬する大先輩。なんとか追いつけるようにしたい」。さらに東京ドームでのシーズン5完封は88年の開場以来、史上初。チームは今季、本拠地で28勝32敗1分けと21年ぶりの負け越しが決まっているが、エースが意地を見せた。

【続きを読む】

  • 完封勝利の巨人・菅野智之=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
  • 6回、ヤクルト・雄平を二ゴロに仕留め、グラブを叩く巨人・菅野=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
  • 先発の巨人・菅野=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
  • 1回、2点適時打を放つ巨人・長野=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 6回、適時打を放つ巨人・ゲレーロ=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
  • 7回、本塁打を放つ巨人・坂本勇=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 巨人・菅野智之の今季6完封成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 逃げる巨人、3位死守!エース菅野が史上初の東京ドーム5度目完封