2018.9.23 05:02

広島M2、23日にもV3!球団史上初快挙はマツダで決める

広島M2、23日にもV3!球団史上初快挙はマツダで決める

先発の岡田(中)は三回途中9失点で降板。悔しい敗戦となった(撮影・森本幸一)

先発の岡田(中)は三回途中9失点で降板。悔しい敗戦となった(撮影・森本幸一)【拡大】

 (セ・リーグ、広島4-13阪神、23回戦、広島13勝10敗、22日、マツダ)広島は22日、阪神23回戦(マツダ)に4-13で大敗を喫したが、2位のヤクルトが敗れたため、優勝へのマジックナンバーが「2」となった。23日にも巨人以外の球団では初のセ・リーグ3連覇が決定する。

 「こういうゲームをしてファンに申し訳ない」

 今季ワーストタイの失点に緒方監督が頭を下げた。中5日の岡田が三回途中で9失点と炎上。打線もつながらず、阪神3連戦は1勝2敗で負け越した。

 前日21日まで雨中での2試合を計9時間10分(1時間45分の中断を含む)を戦い、疲労はピークに達していた。試合前は「疲労を考慮して」(迎打撃コーチ)、丸、菊池らが打撃練習を取りやめた。本拠地9連戦を含む11連戦中、まだ3試合。優勝をつかむまでは気の抜けない戦いが続く。

 23日はヤクルトが中日戦(ナゴヤドーム)で敗れ、広島がDeNA戦(マツダ)で勝てば優勝が決まる。「勝たないといけないのは変わらない」と丸。最高の形で27年ぶりの地元優勝を広島のファンに届ける。 (伊藤昇)

三回途中を9失点で7敗目を喫した広島・岡田 「今日は何もなしでいいですか」

六回に25号2ランを放った広島・バティスタ 「ポイントを前に置いて、自分のスイングでしっかり捉えることができた」

試合結果へ

  • 1回、死球を受ける広島・鈴木=マツダスタジアム(撮影・門井聡)
  • 先発の広島・岡田=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 3回阪神・中谷に左越え3点本塁打を打たれた先発の広島・岡田=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 6回阪神・梅野に適時打を打たれた広島・藤井=マツダスタジアム(撮影・門井聡)
  • 6回、汗をぬぐう広島・藤井=マツダスタジアム(撮影・門井聡)
  • 6回、代打で2点本塁打を放った広島・バティスタ=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 3回、2点二塁打を放つ広島・西川=マツダスタジアム(撮影・門井聡)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島M2、23日にもV3!球団史上初快挙はマツダで決める