2018.9.22 05:04(1/2ページ)

西武、雄星で7連勝M8!豪雨斬り裂く剛腕エースが13勝目

西武、雄星で7連勝M8!豪雨斬り裂く剛腕エースが13勝目

これがエースの意地だ。菊池がユニホームの裾をドロドロにしながら、粘りの投球を披露した (撮影・蔵賢斗)

これがエースの意地だ。菊池がユニホームの裾をドロドロにしながら、粘りの投球を披露した (撮影・蔵賢斗)【拡大】

 (パ・リーグ、ロッテ4-7西武、23回戦、西武15勝8敗、21日、ゾゾマリン)西武は21日、ロッテ23回戦(ZOZOマリン)に7-4で勝利。今季2度目の7連勝を飾り、優勝へ向けたマジックナンバーを「8」とした。試合開始前から激しい雨が打ちつける中で、エースの菊池雄星投手(27)が7回6安打4失点と粘り、13勝目(4敗)を挙げた。最短Vは27日。本拠地・メットライフドームでの胴上げに、また一歩前進した。

 ユニホームの上着はずぶぬれ、ズボンの裾は泥だらけだった。土砂降りの雨の中で菊池がマウンドに仁王立ちした。今季3戦3勝と得意のロッテ打線を相手に7回6安打4失点。リーグ2位に並ぶ13勝目を挙げた。

 「土がスパイクに付いて歯がない状態。踏み出す感じが気になって…。これが九回まで続くと考えたら、果てしないと思いました」

 試合開始後も整備を繰り返し、計10分間の中断も挟むなど、ぬかるんだマウンドに苦しんだ。一回、いきなり2四死球でピンチを招くと、右前への打球を右翼手が後逸し三塁打となる不運も重なり3失点を喫した。

【続きを読む】

  • 菊池は五回を投げ終え、通算1000投球回達成のボードを掲げた(撮影・大橋純人)
  • 西武先発の菊池雄星
  • 2回表が始まる前、グラウンド整備が行われ、マウンドに土を入れる係員右奥はロッテ先発・石川歩
  • ロッテ・井上晴哉の三塁打を後ろにそらす西武・金子侑司
  • 先発の西武・菊池=ZOZOマリンスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 2回、ロッテ・中村の送球ミスの間に本塁生還する西武・秋山=ZOZOマリン(撮影・蔵賢斗)
  • 2回、二塁打を放つ西武・源田=ZOZOマリン(撮影・蔵賢斗)
  • 2回裏に入る前、マウンドに上った西武・菊池(中央)は整備に来た球場係員にマウンド整備を要求する=ZOZOマリン(撮影・大橋純人)
  • 1回を終え苦い表情でベンチに戻る西武・菊池=ZOZOマリン(撮影・蔵賢斗)
  • 1回、2点二塁打を放つ西武・中村=ZOZOマリン(撮影・蔵賢斗)
  • パ・優勝ライン
  • パ・勝利3傑
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武、雄星で7連勝M8!豪雨斬り裂く剛腕エースが13勝目