2018.9.22 05:05(2/2ページ)

筒香がキング並んだ36号!DeNA、CS見えた巨人に大接近5毛差

筒香がキング並んだ36号!DeNA、CS見えた巨人に大接近5毛差

特集:
筒香嘉智
増築中のライトスタンド二階席(上)

増築中のライトスタンド二階席(上)【拡大】

 ミーティングを開いたのは約1カ月ぶり。戦況を読み、仲間の雰囲気を感じながら、ここが勝負どころという「タイミングを計っている」と明かす。CS切符をめぐり、4チームが争う大混戦。勢いに乗ると一気に突っ走れる若いチームの真ん中で、26歳の主将は采配をふるっていた。

 どうしても白星を贈りたい人がいた。この日、現役最後のマウンドに立った加賀は、2010年の同期入団だ。

 「入団した頃、一緒に寮で過ごしたり、色んな思い出がある。何としても勝ちたい試合だった」

 先発として空振り三振で「一死」を奪ったマウンドに左翼から駆けつけると熱く抱擁をかわした。プロの第一歩からともに9年間を過ごした右腕からは、「頑張れよ」と力強い声で背中を押された。

 22日の本拠地最終戦は巨人、阪神、ソフトバンクに続く、球団史上初のシーズン観客動員200万人到達が確実となっている。ベイ党の熱い声援を受け、昨秋は日本シリーズまで進出した『下克上』の挑戦権を手に入れる。 (佐藤春佳)

データBOX

 〔1〕DeNA・筒香が広島・丸と並ぶリーグトップの36号3ラン。横浜スタジアムでは今季17本を放ち、通算100本塁打となった。同球場で通算100本以上放ったのは、村田修一(横浜、巨人=147本)、田代富雄(大洋=102本)に次いで3人目となった。
 〔2〕2016年には本塁打王を獲得。左打者で2度以上獲得したのは15度の王貞治(巨人)を筆頭に過去14人。日本選手では松中信彦(04年=ダイエー、05年=ソフトバンク)が最後で、セでは松井秀喜(1998、00、02年=巨人)が記録して以降いない。

試合結果へ

  • 五回、筒香がもう少しで場外の特大3ラン。本拠地通算100号を達成し、セ本塁打1位に並んだ(撮影・斎藤浩一)
  • 5回、3点本塁打を放ちタッチをかわすDeNA・筒香=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 5回、3点本塁打を放つDeNA・筒香=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 5回、3点本塁打を放つDeNA・筒香=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 4回、適時打を放つDeNA・大和=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 4回、適時内野安打を放つDeNA・石川=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 4回、適時打を放つDeNA・伊藤=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 2回、本塁打を放ちタッチをかわすDeNA・桑原=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 力投するDeNA・京山=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 引退試合で投げ終えて涙ぐみながらベンチに戻るDeNA・加賀=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • セ・3位争い
  • セ・本塁打5傑
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. 筒香がキング並んだ36号!DeNA、CS見えた巨人に大接近5毛差