2018.9.21 16:38

阪神・原口、左手第五中手骨の骨折で登録抹消

阪神・原口、左手第五中手骨の骨折で登録抹消

 阪神・原口文仁捕手(26)が21日、「左手第五中手骨骨折」で出場選手登録を抹消された。

 今月14日のヤクルト戦(甲子園)でファウルを打った際に痛めた。痛みをこらえてできる範囲内でのプレーを続けてきたが、患部の回復を最優先する形となった。

 捕手に再挑戦した今季は9試合に捕手として先発出場するなど打率・324、2本塁打、19打点。特に代打で驚異的な勝負強さを発揮し、打率・431、1本塁打、18打点をマーク。シーズン代打安打の球団記録の「23」まで残り1本と迫っていたが、無念の抹消となった。

 代わって西岡剛内野手(34)が昇格した。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・原口、左手第五中手骨の骨折で登録抹消