2018.9.21 05:04(3/3ページ)

1年目の鉄腕記録!平野が上原らに並んだ日本選手最多73試合登板

1年目の鉄腕記録!平野が上原らに並んだ日本選手最多73試合登板

特集:
平野佳寿
カブス戦の8回、今季73試合目の登板を果たし、日本人メジャー投手のシーズン最多登板記録に並んだダイヤモンドバックス・平野=フェニックス(共同)

カブス戦の8回、今季73試合目の登板を果たし、日本人メジャー投手のシーズン最多登板記録に並んだダイヤモンドバックス・平野=フェニックス(共同)【拡大】

★プロの流儀

 オリックス時代から体調維持を手伝ってきた丸山哲専属トレーナーは「打たれても抑えても変わらない。そこがプロフェッショナル」と証言する。球場入りすると欠かさず体幹のエクササイズを行い、毎日同じ動作をすることで日々の体のわずかな変化に気付くことができるという。丸山トレーナーは「継続していることがすごい。地味な作業ですけど、こつこつと」と、勝負に一喜一憂せず淡々と仕事を全うする姿勢に感嘆する。

平野 佳寿(ひらの・よしひさ)

 1984(昭和59)年3月8日生まれ、34歳。京都府出身。鳥羽高から京産大を経て2006年ドラフト希望枠でオリックス入団。11年に最優秀中継ぎ投手を獲得し、14年には最多セーブに輝いた。17年オフに海外FA権を行使し、ダイヤモンドバックス入団。今季成績は73試合に登板し、4勝3敗2S、防御率2・09。日米通算成績は622試合に登板し、52勝72敗158S、防御率3・04(現地19日現在)。17年WBC日本代表。1メートル85、84キロ。右投げ右打ち。既婚。年俸300万ドル(約3億3600万円)。背番号66。

試合結果へ平野の成績へ

  • カブス戦の八回に登板し、今季73試合登板を達成した平野。大塚、上原に“ルーキー”が肩を並べた(共同)
  • 「ヒラノ」の名前がコールされると、本拠地チェース・フィールドに歓声が響いた(共同)
  • カブス戦の8回、今季73試合目の登板となるマウンドに向かうダイヤモンドバックス・平野=フェニックス(共同)
  • カブス戦の8回、今季73試合目の登板を果たし、日本人メジャー投手のシーズン最多登板記録に並んだダイヤモンドバックス・平野=フェニックス(共同)
  • カブス戦の8回、今季73試合目の登板を果たし、日本人メジャー投手のシーズン最多登板記録に並んだダイヤモンドバックス・平野=フェニックス(共同)
  • カブス戦の8回、味方の追加点に、ベンチで拍手するダイヤモンドバックス・平野=フェニックス(共同)
  • 8回、今季73試合目の登板を果たし、日本人メジャー投手のシーズン最多登板記録に並んだダイヤモンドバックス・平野=フェニックス(共同)
  • 日本投手・シーズン70試合登板以上
  • ワイルドカード争い(現地19日現在)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 1年目の鉄腕記録!平野が上原らに並んだ日本選手最多73試合登板